一日一生

作るというのは、私にとって何よりも好きなことですが

もちろん大変な事もたくさん起きてきます。


私は宗教とは無縁の人間ですが

読むと心がフッと軽くなる一冊、

過酷な比叡山の千日回峰行を2度も成し遂げた

「酒井雄哉」大阿闍梨の本です。

一日一生(朝日新書)


20161124-(2).jpg







一日を一生と思って作る。

日々、そうありたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント