制作記

こんばんは、アイアン澤田です。


外は雪が降っております。

今年の冬は寒いですね。

作業していても、時々指がかじかんでしまう程です。


1月中には完成できればと思っておりましたEricaですが

あともう少し時間がかかりそうです。

お楽しみ頂いていた方々には申し訳ありませんが

完成まで今しばらくお待ち下さい。


本日は等身大作品の制作はここまでで

これから小さい作品に取り掛かります。


あっという間に一日が過ぎていきますが

今日も一日、究極の作品目指して。

今日も

本日も、これから一日中

作ることができます。

本当にありがたいことです。

どれくらい進むか、どんな風に仕上がるか

楽しみです。


今日も一日、究極の作品目指して。

ようやく

ようやく年賀状を書き終えました。


時間はかかりますが、一枚一枚手書きで書いていると

作品やオーナー様のことが思い出され

ただただ感謝しかありません。

20180102.jpg

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

アイアン澤田です。


元旦から制作三昧です。

また今年も新しい作品を生み出せる事に

ワクワクしております。


皆様もどうぞ素晴らしい一年をお過ごし下さい。

突然の訪問者

こんにちは、アイアン澤田です。


仕事の最中や、料理をして手が離せない時

そんな時に限って、突然誰かがやって来ることって

ありませんか?


先日、2階の彫刻室でパテを混ぜている時

呼び鈴がなりました。いつもはMIHOさんがすべて対応してくれるため

私が出る必要はないんです。


ただその時は、たまたま誰も居なくて

私が出るしかありませんでした。


彫刻中に作業をとめて、玄関まで行くのは

少し大変な事です。混ぜたばかりのパテをあきらめ

作品が倒れないように、支柱に縛りつけ

急いで玄関まで行きました。


するとそこには、初老の男性が一人。。。

服装からすると、どうやら配達ではなさそうです。

勧誘かな?などと思って用件を尋ねると

「OOさんのお宅はどちらですか?」と聞かれました。


一瞬、「え?」


わざわざ仕事を中断してきたら、ただ道を聞きに来たようでした。

耳栓とマスクとゴーグル姿の私は、必要最低限の方法で

男性に道を教えましたが、ゴーグルの奥の目が

恥ずかしながら苛立っていたかもしれません。


男性はなんども恐縮しながら、去っていかれました。




その後は時間が経つにつれ、何だか気分が晴れません。

考え直してみて、ハッと気づかされました。


私の夢は、究極の作品を作ることです。


「究極の作品ってなんですか?」と聞かれれば

何百、何千年の月日もの間、見る人と全てを

幸せな気持にできる作品です。


それなのに目の前の困っている男性一人に

親切にできなくて、何が究極の作品だ!


私は自分が恥ずかしくなりました。

もし天に造型の神様がいらっしゃるなら

私にそんな事を教えてくれるために、あの男性を

遣わしてくれたとすら感じます。


今ではとても感謝しております。




今日も一日、究極の作品目指して。